LOF教育センター 神戸・明石校

LOF教育センター神戸・明石校のプログラムは脳の未熟な神経伝達回路をつなぎ、強化することで、こどもたちの可能性を拓き、発達を促進させます。全てのこどもたちに発達の土台を!

教室で大切にしていること~知的能力開発プログラム


神戸明石校に通ってきてくれている生徒たち、皆それぞれ個性豊かで本当に可愛いです。

接する時間や濃度が濃く慣れはなるほど、この子のためにもっと何かできないか、もっと伸ばすためにはどうするか、そんな思考がぐるぐる頭を駆け回ります。

そんなことを日々考えていると、自然に愛着が沸いてくるのです。

個を伸ばすためには、自分の学びをそれだけ深めていく必要があるだけに、いつも忙しそうだと友人には言われるけれど、それ以上に子達から教えてもらえる喜びがあります。
感動があります。


自分の学びを止めたら
自分を信じてきてくれる
生徒に、親御さんに、失礼です。
見映えだけが良いところには
なりたくはないのです。
それに、私自身が満足しないでしょう。

今来てくれている生徒が成長すれば
その成長に合わせて関わりは必然的は変化していくはずです。
受け入れる子達の年齢も広がります。

やまもと代表は、
そうやって生徒を大事にしてきました。

私も通ってきてくれている生徒を大事に見たい。
自分の最大限を尽くせる範囲で、丁寧に。
必要な時期に、必要なアプローチを。


地域で子どもを育てることが難しくなりつつある現代です。

温かいまなざしが少なくなりつつある現代です。

表面的なことをただこなす場にはしたくはありません。



今日の知的能力開発プログラムの研修で改めて感じました。
こんなに個を大事に育ててくれる、考えてくれるところは果たしてどれだけあるだろう、と。


ワーキングメモリーや視機能、ソーシャル、アカデミックスキル、それらをただ単純にトレーニングするだけでは、人間としての奥深さや温かみは感じません。

私たちは、必要なスキルを獲得し、伸ばすためのアプローチをする上で、人間味のある関わりをもって、子達を親御さんと一緒に育てていきたいと思っています。

AIの発展により、多くの職業が人間からAIに移り変わる時代になります。
人間は人間にしかできないユニークで柔軟な思考を求められます。

そんなユニークな思考を伸ばすには、それ以上にこちらがユニークで柔軟にかかわることが必要です。


私なら、自分の子は絶対に個をしっかり見つめ、育てようとしてくれるところに通わせたい。
それが一番の願いです。

だから、うちの教室はそれを自信をもって、胸を張れるところでありたいと思います。