LOF教育センター 神戸・明石校

LOF教育センター神戸・明石校のプログラムは脳の未熟な神経伝達回路をつなぎ、強化することで、こどもたちの可能性を拓き、発達を促進させます。全てのこどもたちに発達の土台を!

若者たちの会話から思うこと

おはようございます。

今日も朝からよいお天気です。



最近乗った電車の中で耳にした、高校生か大学生くらいの若者の会話のお話です。

「中学校のころは、学校に行きたくなかったねん。やる気がないとかじゃなくて、本気で行きたくなかったねん。やる気の問題とか言われたけど。」

「えーなんで。俺はそんなんなかったなあ。」

「親がネガティブやからかな。おとんはいいけど、おかんがなあ。うるさいし、超ネガティブ。」

「今まで一度も何かに熱中したことないわ。」

「俺は部活やな~!めっちゃ頑張ったで。」

「すごいな、お前。俺は全然やわ。今も何もないし。」

学校に行きたくなかった彼だけが特別ではないです。

彼のような若者はたくさんいる。

大人は、こどもたちに夢を。希望を。 とよく言いますが、

今大人が夢や希望をもって生きている姿を子どもたちに見せているのだろうか?

夢や希望を持つことを目標にするのではなく、

自分らしく生きていく中で、自分ができることややりたいことが見つかっていけばいいのかな。

と思う。

人間を豊かにしていくことって、奥が深い。

子どもは近くの大人を見て真似をする。

行動も考え方も。

私の知っている、自分の時間を大切にしている人。

空いた時間で落語を聞きに行ったり

最新映画を見に行ったり

ピアノ演奏を聴きに行ったり

子どもと山登りをしたり.....

そんなふうに時間を使っている。

ふと自分を振り返ると、

感覚的に素敵だなあとか、

素晴らしいなあとか、

そんなものに最近ふれていないことに気づく。

いろいろなものに触れる時間。

感じる時間。

必要だなあ、と。

そう感じる今日この頃でした。


0コメント

  • 1000 / 1000