療育と脳を育てる教室|発達のことならLOF教育センター神戸・明石校へ

LOF教育センター神戸・明石校のプログラムは脳の未熟な神経伝達回路をつなぎ、強化することで、こどもたちの可能性を拓き、発達を促進させます。全てのこどもたちに発達の土台を!

海の日フォーラム~ユニークな若者たちを理解し応援しよう~を終えて②

海の日に開催されたユニークな若者たちのためのフォーラム。

ユニークであることから生きづらさを抱える方も多い。

彼らが自由に表現できる場所。

彼らの周囲の人々が彼らを理解し応援するための場所。

そんな空間にしたいという思いから始まったイベント。

第1部会は、教育改革実践家であり、現高校校長先生である藤原和博先生の活気あふれる講演会。

第2部会は3つの分科会に分かれました。

第一部会:発達凸凹若者の本音シェアー会

ファシリテーターはyu-kaさん。任意団体 LASS to the dream共同代表。

若者たちの生の声は熱く。深く。

自分の生きづらさを見つめ、本音で語り合う場。

彼らの言葉を文字や絵で描き、忘れないように、見て理解できるようにという配慮もありました。

絵、つないでいく言葉。

彼らが自分自身と向き合いながら、「助けてほしいこと」を周囲に発信していくことっていいことなんだと気づき、発信する。

本音トークで部屋が一体となるような活気に満ち溢れた部会でした。


第二部会:Unique Youthとの関わり

ファシリテーターは松尾有加さん。NPO法人HappyFamilyCompony代表理事。

スタッフとして動いていたため、2部会には参加できませんでした。

残念です。

他のスタッフが参加しましたが、援助をする側の方が頭が固かったようです(笑)

自分のキーワードをあげていく作業で、やたらと「謙虚」や「勤勉」といったお堅いキーワードがあがったようで。

私もやりたかったです。

人々の距離が近く本音を言い合える部会であったようです。

学校や職場、家庭以外の自分の居場所。

成長するにつれて必要となることを改めて感じました。



第三部会:「うまくいかなさや困りの原因ってこんなことだったの ~知的Giftedの認知的アンバランス(凸凹)について考える」 

ファシリテーターは小泉雅彦氏。異端研Gifted・LD発達援助センターを設立。日本LD学会特別支援教育士SV、旭川LD親の会ぷりずむアドバイザー、北海道LD親の会顧問、NPO法人LOF教育センターギフティッド部門のアドバイザー。


3部会は保護者の方が大半の部会でした。
小泉先生のお話を聞きに遠方からお越しいただいた方も多数おられ、根強いファン層を感じさせます。
トレードマークのスヌーピーを身に着け、興味深い事例を紹介していただきました。
事例からの詳しいお話に、保護者の方々のうなずきも深く、皆さん食い入るように聞いておられました。
我が子を想い、行動にうつす姿。

熱い思いがひしひしと伝わってきました。

LOF教育センターのギフテッド部門のアドバイザーでもあり、また大阪にお越し頂けることを楽しみにしています。
若者たちを理解し応援するフォーラム。

若者たち自身の居場所、安心して本音が話せる場所の重要性を改めて感じたとともに、多くのサポートが融合していけたらいいなと思いました。

   フォーラム終了後スタッフ懇親会にて