LOF教育センター 神戸・明石校

LOF教育センター神戸・明石校のプログラムは脳の未熟な神経伝達回路をつなぎ、強化することで、こどもたちの可能性を拓き、発達を促進させます。全てのこどもたちに発達の土台を!

子どもの変化

おはようございます。

暖かい日が続くようになりました。

外に出掛けたくなる日が多くなりましたね。

さて、昨日はやまもと式療育の体験会でした。

お越しくださいました方々、ありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーーー

子どもは個性が豊かで、おもしろい。

お兄ちゃんに付き添ってきた弟がやりたくて、仕方ない思いをぐっと歯をくいしばって我慢している。

ああ、やりたいんだろうな。

そんな思いが伝わってきます。

そして、お兄ちゃんの療育終了後、私をじっと見つめてくる。

やりたかったね。 よく待っていられたね。

と言うと涙を流していました。

私までじーんとしました。

お母さんも、お兄ちゃんだけでなく、弟にとってもよいと思うから考えますとおっしゃっていました。

「やりたい。」という子どもの気持ちを大切にしたい。

そんな子どもの自発的な思いが自らの発達を引き上げてくれます。

多くの人にやまもと式が広がり、子どもたちの本来もつ能力、自発性を引き出していきたいという思いが一層強くなりました。

体験会のお話はまた少しずつ書いていきたいと思います。  _________________________________________

昨日でやまもと式療育をはじめて、まだ数回という生徒さんたち。

少しずつ変化が表れています。

最初はやりたくない。とすぐあきらめていた子が、次は~したいと意欲をもちはじめ、さらに自分でプログラムの動作修正をすることが見られるようになりました。

拗ねることなく、最後までやりとおすことができるようになりました。

触られることが嫌だった子が、かたくなることなく、嫌がらずに手足を触らせてくれるようになりました。

などなど。

どれも、ささいな変化ではありますが、私にとっては本当に嬉しく素晴らしい変化でした。

子どもの状態は良くなっている。

だから、もうこれでいい。大丈夫。 ということはありません。

環境や体調、いろいろな刺激によって左右されやすいものです。

一喜一憂するのでなく、変化をしっかり受け取りながら、更に先にすすめていきます。

表れる状態は変化しますが、脳によい刺激を続けていく限り、発達していくのです。

土曜日の神戸・明石校はかなり「アツイ」一日を過ごしています 。

今日は、山口校の体験会! お手伝いに行ってきます🏃 支援が広がります。

 ________________________________________

5月27日(土)の子ども教室プログラム体験会決定!!

LOF教育センター代表理事 やまもとまゆみの直接指導を受けることができます。

ご予約必須となっておりますので、早めのお問い合わせ・お申し込みをお願い致します。

(下記コードからお問い合わせ画面に入ることができます)

0コメント

  • 1000 / 1000