LOF教育センター 神戸・明石校

LOF教育センター神戸・明石校のプログラムは脳の未熟な神経伝達回路をつなぎ、強化することで、こどもたちの可能性を拓き、発達を促進させます。全てのこどもたちに発達の土台を!

調べる。辞書を使う。

ここ数日でぐっと春に近づきましたね。

今週末は雨模様のようですが、気温は20度近くになるという。

春を少しでも長く感じていたいですが・・・。

菜の花が所々で咲いています。

私の息子の春のイメージカラーは「黄色」なんだそうです。

菜の花やたんぽぽを思い浮かべるようです。

私は春と言えば「ピンク」でした。

でも、言われてみたら黄色もそうだよね~!と納得。

そうしたら、娘は、「黄色は秋やわ!」と。

イチョウの木や黄葉する木々。ポプラも黄色く色づくね。などと話しながら、四季それぞれのイメージは予想以上に違っていました。

皆さんの四季のイメージは何色でしょうか?


今日は「エープリルフール」について娘がなんで嘘をついてもいいのか。

どこからそんな記念日になったのだという話をしたことから、「エープリルフール」を調べようということになった。

我が家では、分からないことは辞典または辞書で調べる、ということになっています。

早速、辞書で調べ始めた娘。

ただ、エープリルフールの起源は、有力説はあるものの、不明で、どこからエイプリルフールの習慣が始まったかはわかっていないらしいです。

それでも、自分が納得できるように調べます。

この、辞書で調べるということ、最初からできません。

やはり辞書の引き方を教える必要がありました。

私の小学生時代は学校で辞書を買って、辞書の引き方を学校で教えてもらったと思うのですが、娘の学校ではまだ指導はありません。(学校によっては、教えてくれるところもあるようです)

低学年の早いうちに辞書の引き方を知っておくと、子どもの語彙が広がります。

漢字辞典、国語辞典。その他辞典。

国語辞典は比較的わかりやすいですが、漢字辞典は「音訓」「部首」「画数」などどうやって引くのか、混乱していました。

最近はインターネット検索という便利なものがあり、ついついその便利さに頼りがちになってしまいますが、そこに「考える」「探す」「発見する」過程で希薄さを感じずにはいられません。


娘の調べた「エープリルフール」は:〔April fool〕4月1日に軽いうそをついて、人をだますこと。もとは西洋の風習であった。4月ばか。

そこで、「西洋」って聞いたことあるけどなんだったっけ?となり、「西洋」を調べる。

西洋:ヨーロッパやアメリカの国々。欧米。

「え!欧米ってなに?」となり、「欧米」を調べる。

欧米:ヨーロッパやアメリカ。

「一緒の意味やん。」そうか、言い方が違うだけかとわかる。

メモを取りながら、何度も読みます。

そして、「風習」ってなんやろ?と調べる。

風習:その地方や国に、昔から伝わっている生活や行事のやり方。習わし。

「習わし」も一応調べておこう。

習わし:昔から行われている決まったやり方。しきたり、習慣。

「これもなんか同じ意味や。」と発見する。

そして、自分なりに調べて分かったエイプリルフールを発表する。

「4月1日に嘘をついて人をだますこと。ヨーロッパやアメリカの国で昔からある行事なんやわ。」

漠然としているけれど、そもそも起源がわかっていないからの書き方なのでしょう。

それが日本でもイベントのような形で伝わってきていることもわかり、

「辞書で引いて調べるの楽しいねん。あ~すっきりした!」と満足気でした。

辞書で調べた個所には、マーカーで線を引き、付箋を貼ります。

私が昔からしてきたやり方。

次に調べるときに、以前調べた記録が残っているのは、調べやすくもなり、自分はこんなに調べたという自信にもなります。

辞書を引くにはまず引き方を知らねばなりません。

渡して、はい調べてでできる子は、少数のように思います。

そして、何かわからないことがあると大人はすぐに答えてしまわず、その子がどこまで自分でできるのかを考えてサポートします。

辞書を引くのは何度も繰り返すことによって慣れ、それが習慣化されていきます。

そして、調べてわかることの気持ちよさを知ります。

大切なことをもっと学校教育の中で取り入れられたらいいのになあと思いながら、私も辞書を引くのでした。


LOF教育センターでは、やまもと式療育に加え、春の受講生を募集中です。

幼児~中学生の子どもたち一人一人に合った学習の仕方を考え、丁寧にその子の引き出しをあけていきます。

4・15(土)13:00~14:00  こども教室 説明会

4・15(土)14:00~17:00

4・22(土)14:00~17:00

 やまもと式S&E 療育プログラム・知的能力開発プログラム体験

開催致します。

まだ若干名予約を受け付けております。

お早めにお問い合わせください。


◎マザーズサポータークラブ参加者募集

マザーズサポータークラブでは、テーマに沿って、お母さんたちがより具体的に日ごろの子育ての悩みを話しあえる場をつくります。

【活動日程】

2017年度 月1回金曜日10時~12時

各テーマにそって皆さんと共にお話しましょう !!

5月26日(金)

新しいクラスと宿題  お友達づくり