はじめての方へ

LOF教育センターの特徴

人間対人間の愛情深いかかわりを基本とし、ふれあうことを重要視しています。

主にお母さん(お父さん)との基本的信頼関係の構築と皮膚からの感覚の向上を目指します。


ビジョントレーニングやワーキングメモリーを考慮した、意識的随意運動を中心としたプログラムです。

未熟な脳神経発達の状態は体の動きに表れます。

未熟な脳の神経ネットワークの枝葉をつないでいくために脳を意識的に使います。バランスの良い脳の発達は、自己抑制・不安抑制・注意集中・判断力向上・創造性など人間らしく心豊かに生きていくために必要な能力の獲得につながり、発達の段階を経て社会性の獲得、そして情緒の発達を促進させます。


脳の前頭前野を刺激することで、人間がもつ高次な機能を向上させます。また、動物的な本能行動で得られる欲求の解消ではなく、自らの頑張りを認めてもらうことで得られる喜び・達成感をもつことを大切にしています。「難しいけれど、やりたい!」という自ら学ぼうとする意欲を支え、知識を蓄え、思考力の向上、判断、表現する能力を育てていきます。

将来を自ら切り拓いていく力の向上を重視します。


LOF教育センターのプログラムは、

すべての子どもたちの発達を促し

「生きる力」を育みます。

子どもたちの10年後、

もっと先の将来のために

今できることから始めませんか?

支援方針

すべての子どもたちが社会の中で、その子らしく強く生きていくことを目指し、人間らしく豊かに生きていくために必要な土台を築きます。

社会に出たときに必要となる情緒や社会性の発達、そして、それに伴い理解・思考・判断・表現する能力を高めていくことを目指します。

主な事業内容

お知らせ