はじめての方へ

お子さんの発達についてのお悩み・ご不安はどんなことですか?

☑ コミュニケーション(やりとり)がしづらい。

☑ こだわりが強く、融通がきかない。

☑ 初めての場所や人、場面に不安が強く、環境の変化を嫌う。

☑ 育てづらい。

☑ 眠れない。偏食。姿勢が悪い

☑ 感覚の過敏・鈍麻がある。

☑ 良く動き回ってじっとしていられず、よく注意されている。

☑ よく転んだり、けがをしょっちゅうする。

☑ できることと、できないことの差が激しくて子どもとどうかかわっていいのか分からない。

☑ 読み書きが極端にできず、学習についていけない。

☑ 同時に2つのことができない。

☑ 不器用で、運動も苦手。


☑ たくさん療育に通うけれど、現状は何も変わらなくて不安。

☑ 発達障害と診断されたけれど、もう発達はしないの?

など


お子さんのことを一人で抱え込んでいませんか?

お子さんの発達をあきらめていませんか?



お子さんの一番近くにいるお母さんの気づきが大切です。

どう育てていけばよいのか分からない

地域で子どもを育てた時代から、各家庭で育てる時代に。

たくさんの情報が飛び交う社会。

ルールやきまり、枠組みがたくさん構築された社会。

子育てをしているお母さんは、孤独で不安を抱えながら、お子さんと向き合おうとされています。

我が子を周囲と比べたり、周囲から指摘されて不安になったり。

「どうしたらよいのか分からない。」

と悩んでらっしゃるお母さんがたくさんいらっしゃいます。


私の子育てもしんどい時期がありました。


一人ではなかなか進めない時があります。

そんなお母さんの気持ちも分かります。

ご家庭と一緒に

お子さんの可能性を拓き、お子さんの生き抜く力を育んでいきたい。

お子さんに寄り添い、誠実に向き合っていきます。

LOF教育センターの特徴

人間対人間の愛情深いかかわりを基本とし、ふれあうことを重要視しています。

主にお母さん(お父さん)との基本的信頼関係の構築皮膚からの感覚の向上を目指します。


ビジョントレーニングやワーキングメモリーを考慮した

意識的随意運動を中心としたプログラムです。

未熟な脳神経発達の状態は体の動きに表れます。

未熟な脳の神経ネットワークの枝葉をつないでいくために脳を意識的に使います。

バランスの良い脳の発達は、自己抑制・不安抑制・注意集中・判断力向上・創造性など人間らしく心豊かに生きていくために必要な能力の獲得につながり、発達の段階を経て社会性の獲得、そして情緒の発達を促進させます。


脳の前頭前野を刺激することで、人間がもつ高次な機能を向上させます。

また、動物的な本能行動で得られる欲求の解消ではなく、自らの頑張りを認めてもらうことで得られる喜び・達成感をもつことを大切にしています。

「難しいけれど、やりたい!」

という自ら学ぼうとする意欲を支え、知識を蓄え、思考力の向上、判断、表現する能力を育てていきます。

将来を自ら切り拓いていく力の向上を重視します。

弱みを補うことに捉われず、

子供の強みを伸ばしながら個性を重視しながら、社会の中で生き抜く力を育みます。



子供が育つご家庭でのかかわりをサポートします。

環境を整えることで子どもの可能性は拓かれていきます。

保護者の方のお気持ちを受け止めながらも、子供を伸ばすためのご家庭での軸を築いていただけるよう、必要な知識と具体的なかかわりを丁寧にお伝えするよう心がけています。

LOF教育センターのプログラムは、

すべての子どもたちの発達を促し

「生きる力」を育みます。

子どもたちの10年後、

もっと先の将来のために

今できることから始めませんか?

すべての子どもたちが社会の中で、その子らしく強く生きていくことを目指し、人間らしく豊かに生きていくために必要な土台を築きます。

社会に出たときに必要となる情緒や社会性の発達、

そして、それに伴い理解・思考・判断・表現する能力を高めていくことを目指します。